葬儀(葬式)の服装とマナー

「通夜・葬儀・告別式」に会葬(参列)する場合、服装や礼儀など、最低限のマナーを知っておかなければ失礼にあたる場合があります。大切な方を失ったご遺族に対する配慮として、最低限のマナーを心得て、通夜や告別式(葬儀)に会葬(参列)しましょう。

スポンサードリンク

葬儀(葬式)の服装とマナー一覧

通夜でのマナー
通夜とは、遺族や故人と生前親しくしていた人達が、夜通しご遺体と過ごすことで、「故人の霊をなぐさめ、邪霊の侵入を防ぐため」に、一晩中灯りをともし、お香を絶やさずに行われている儀式です。
葬儀・告別式・通夜での最低限のマナーと常識
「葬儀・告別式・通夜」に会葬(参列)する場合に、最低限知っておきたいマナー、常識があります。
焼香の仕方
焼香とは、仏式葬儀、通夜、法事などで「お香」を焚く作法のことで、「座礼焼香・立礼焼香・廻し焼香」などいくつかのスタイルがあり、宗派、考え方によって焼香の仕方は若干異なります。
男性の服装「通夜・葬儀・告別式」
「通夜・葬儀・告別式」に伺う時の男性の服装のマナーは、「ダークスーツ・白シャツ・黒のネクタイ・黒の靴下・黒の靴」が基本です。
女性の服装「通夜・葬儀・告別式」
「通夜・葬儀・告別式」に伺う時の女性の服装は、「地味な平服」が基本で、必要以上に肌を露出させず、光沢のある物や、派手で目立つ物を身に着けないのが最低限のマナーです。
子供の服装「通夜・葬儀・告別式」
子供が「通夜・葬儀・告別式に」参列する場合の服装は、学校の制服がある場合はその制服が基本です。
喪主・遺族の服装「通夜・葬儀・告別式」
遺族・喪主の「通夜・葬儀・告別式」の服装のマナーを説明しています。遺族・喪主の方は、「通夜・葬儀・告別式」などの準備で忙しく、また悲しいと思いますが、服装も最低限のマナーをしなければなりません。
 

Copyright © 2006-2014 葬儀・葬式・通夜・告別式のマナー. All rights reserved

葬儀・葬式・通夜・告別式のマナーTOP 葬儀(葬式)の服装とマナー