葬儀(葬式)の挨拶

葬儀などの弔事でもっとも気をつけたいことが「挨拶」です。「通夜・告別式・葬儀」などで、大切な方を失ったご遺族に対して、お悔やみの言葉と元気づける言葉をかけてあげるときにも、使用してはいけない言葉がありますので注意が必要です。そこでここでは、「お悔やみの言葉・弔辞・弔電」の具体的例文や、使用してはいけない「忌み言葉 」を説明していますので参考にしてください。

葬儀(葬式)の挨拶一覧

お悔やみの言葉(挨拶)
お悔やみの言葉(挨拶)はシンプルで差し障りのないものを手短に述べるのが良いでしょう。もちろん色々考えた言葉をかけてあげても良いのですが、そのことが逆に失礼にあたることもありますので注意が必要です。
弔辞(ちょうじ)
弔辞とは、告別式で故人と親しかった「友人・知人」が、故人に語りかけるように、故人の死を悼み、別れを告げることです。
弔電(ちょうでん)
親しい方の訃報が届いた場合、遠方にいるなどで、すぐに駆けつけることが出来ない場合や、事情によって葬儀、告別式に参列できない場合は、「弔電」を打ちましょう。
忌み(いみ)言葉
「通夜・葬儀・告別式」などで「お悔やみの言葉・弔辞・弔電」を述べるときは、「忌み言葉」を避けるようにすることが最低限のマナーであり、礼儀です。
喪主の挨拶
葬儀・告別式は「喪主(遺族の代表者)の挨拶」で締めくくることとなりますが、基本的には「喪主の挨拶」は、簡潔に感謝の気持ちを伝えれば良いでしょう。
 

Copyright © 2006-2017 葬儀・葬式・通夜・告別式のマナー. All rights reserved

葬儀・葬式・通夜・告別式のマナーTOP 葬儀(葬式)の挨拶