年金停止の手続き


年金停止の手続き年金受給者(国民年金・厚生年金・共済年金)が亡くなった場合、「年金停止の手続き」を行わなければなりません。

年金は停止の手続きを行わなければ、勝手には止まらず、年金受給者が亡くなったにもかかわらず、受給されていると、後々面倒なことになりますので、忘れないように「年金停止の手続き」を行いましょう。

■いつまでに行うか?

年金受給者が死亡してから「14日以内」に、年金停止の手続きを行わなければなりません。

もしもこの期間内に手続きを行わず、年金が受給されていると、後日「過払い」として一括返納しなければなりませんので注意しましょう。

■どこで行うか?

国民年金・・・「市区町村役場」

厚生年金・・・「社会保険事務所」

共済年金・・・「各共済組合」

■必要書類

・年金手帳(年金証書)

・戸籍謄本・抄本

・住民票

・死亡を確認できる書類(死亡診断書・埋葬許可証)

・通帳

・印鑑

年金停止の手続きに必要な書類は、各個人によって異なりますので、事前に確認しておきましょう。


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 葬儀・葬式・通夜・告別式のマナー. All rights reserved

葬儀(葬式)のマナーTOP 遺族が葬儀後に行うこと 年金停止の手続き