弔辞(ちょうじ)


弔辞について弔辞(ちょうじ)とは、告別式(葬儀)で故人と親しかった「友人・知人」が、故人に語りかけるように、故人の死を悼み(いたみ)、別れを告げることです。

また弔辞はあらかじめ作成したものを読むことが一般的ですので、弔辞をご遺族の方から依頼されたら以下の点に注意して作成していきましょう。

■弔辞作成のポイント

弔辞は「約3分・1200字」が目安ですので、あまり長くなったり短くならないように作成していかなければなりません。具体的には以下のような感じで作成します。

1:故人へ呼びかける言葉で始める

「○○さん・君・先生・社長、どうして私たちを残して1人天界に去ってしまったんだ」など

キリスト教の場合は呼びかけはしないのが一般的です。

2:死を悲しむ言葉を述べる

「突然の悲報(ひほう)に接し、誠に痛惜(つうせき)の念でいっぱいです」など

3:故人との関係を明らかにする

「○○君とは小学校からの親友で」など

4:故人の人柄や、思い出に残る具体的なエピソードを紹介する

5:故人の冥福を祈り、遺族へ慰めの言葉をかけ励ます

「最愛の○○さんがお亡くなりになられたお悲しみは、計り知れないものとお察しいたします。どうぞお気を強くなさってください。心からお悔やみ申しあげます」

「ご家族のご落胆もいかばかりかと存じますが、ご家族の皆様が心を合わせて、強く生きられますようお祈りいたします」など

6:「安らかに眠ってください」という言葉で結ぶ

■弔辞を読む際の注意点

遺族の方に弔辞を頼まれたら快く引き受けましょう。また依頼されなかった場合でも、どうしても弔辞を述べたいときは早めに遺族に申し出ましょう。

弔辞の時間は「約3分・1200字」が目安です。

気持ちを込めて語りかける口調で(棒読みは絶対ダメです)。

早口にならず、参列者の方全員に聞こえるように読みましょう。

形式的な文章よりも、故人とのエピソードなどを交えて、自分の言葉で読むと良いでしょう。


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 葬儀・葬式・通夜・告別式のマナー. All rights reserved

葬儀(葬式)のマナーTOP 葬儀(葬式)の挨拶 弔辞(ちょうじ)