喪主の挨拶


葬式(葬儀・告別式)は「喪主(遺族の代表者)の挨拶」で締めくくることとなりますが、基本的には「喪主の挨拶」は、簡潔に感謝の気持ちを伝えれば良いでしょう。

■喪主の挨拶

会葬者(参列者)へ会葬(参列)してくださったことへのお礼

故人が生前にお世話になったことへのお礼

家族にとっての故人はどのような人であったのか

故人の最後の様子

家族の今後の生き方と決意

などを短くまとめて挨拶すれば良いでしょう。

■喪主の挨拶の例

「本日はお忙しい所わざわざ○○の葬儀にご会葬(かいそう)頂き、御焼香を賜り(たまわり)まして誠にありがとうございました。

○○もみなさまにお見送り頂き、さぞかし喜んでいることと思います。

生前中は何かとお世話になりました。これからは家族が力を合わせて頑張っていきたいと思いますので、今後とも○○同様、ご指導、ご鞭撻(ごべんたつ)賜りますようお願いいたしまして、ご挨拶に代えさせていただきます。」


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 葬儀・葬式・通夜・告別式のマナー. All rights reserved

葬儀(葬式)のマナーTOP 葬儀(葬式)の挨拶 喪主の挨拶