焼香の仕方


焼香の仕方焼香(しょうこう)とは、仏式葬儀(カトリック葬儀)、通夜、法事などで「お香」を焚く作法のことで、「座礼焼香・立礼焼香・廻し焼香」などいくつかのスタイルがあり、宗派、考え方によって焼香の仕方は若干異なります。

お香にはいくつかの種類がありますが、

葬儀・通夜・告別式・・・「抹香(粉香)」

法事・・・「線香」

を焚くことが一般的です。

また通常、親族(近親者)の焼香は葬儀式の時間内に、一般会葬者の焼香は告別式開始と同時に行われます。

■焼香の仕方(一般的な立礼焼香の場合)

:順番が来たら後ろの人に会釈する

:焼香台の少し手前で僧侶⇒遺族の順に一礼して焼香台の前に進む

:遺影を見つめて一礼し、1歩前に出て合掌する(手を合わせる、数珠は左手)

:左手は合掌の形のままで、右手(親指・人差し指・中指)で香(抹香)を軽くつまみ、顔(目の高さ)の前で捧げる

:静かに香炉に香を落とします(宗派などによって異なりますが1~3回繰り返す)

:再び遺影に合掌して一礼する

:前向きのまま少し(3歩くらい)下がり、僧侶・遺族に一礼して自席に戻る

一番初めに焼香をしないのであれば、喪主、前の人のやり方をよく見て、参考にして同じようにしたら大丈夫ですよ。

焼香の回数は、「宗派・考え方・地方・参列者の人数」などによって異なります。

お香(葬儀の場合は抹香)を香炉に落すときは、できるだけ香炉に近づけて静かに落します。

線香をあげる葬儀の場合、「焼香台に置いてある線香を右手で1本持ち、ろうそくで火をつけて香炉にまっすぐ立てます」。またこのときに、線香は振ったり、吹いたりして消すのではなく、必ず左手(空いている手)で静かに消してください(宗派によっては線香を2、3本立てる場合もありますが、その場合でも1本ずつ立てます)。


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 葬儀・葬式・通夜・告別式のマナー. All rights reserved

葬儀(葬式)のマナーTOP 葬儀(葬式)の服装とマナー 焼香の仕方