個人葬


個人葬とは、親族が亡くなった場合に遺族が主催する葬儀(葬式)のことで、喪主と施主(葬儀費用を負担するもの)は遺族の代表者「故人の配偶者・子供(長男・長女)」が務めるのがもっとも一般的です。

個人葬の場合、親族には電話等で訃報を知らせ、生前にお世話になった方や友人、知人には「新聞のお悔やみ欄」を使用します。

■個人葬の種類

仏式葬儀

葬場祭(神葬祭)

キリスト教式葬儀

個人葬は宗教などによって大きく分けると以上の3種類に分類されますので、参列する場合は最低限の知識とマナーを心得ておきましょう。


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 葬儀・葬式・通夜・告別式のマナー. All rights reserved

葬儀(葬式)のマナーTOP 葬儀(葬式)の種類 個人葬