キリスト教式葬儀


キリスト教式葬儀キリスト教式葬儀は、宗派・教会によって葬儀の流れは多少異なりますが、ここでは「カトリック・プロテスタント」の流れを説明しています。

カトリックでは通夜のことを「通夜の儀」、プロテスタントでは「前夜祭」といい、神父や牧師が世話役を勤め、進行役も兼ねるのが一般的です。

またキリスト教は死者への供養という考え方ではなく、故人の与えられた生涯を神に感謝、神への礼拝という考え方ですので、遺影写真や遺体に手を合わせたり、拝んだりしませんので注意しましょう!

■キリスト教式葬儀の特徴

仏式葬儀の焼香、神式葬儀「葬場祭(神葬祭)」の玉串奉奠はありません

・御香典ではなく「弔慰金(ちょういきん)」といいます

・御香典(のし袋)の表書きは基本的に「御花料」となりますが、のし袋の水引はなくてかまいません(プロテスタントの場合は「御霊前」は使用しませんので注意しましょう!)

・仏式の通夜ぶるまいとは違って、料理やお酒は出ず、軽食、茶菓子が出されるのが一般的です

■キリスト教式葬儀(カトリック)の流れ

:祈祷

:聖歌合唱

:撒水(聖水を棺に注ぐ儀式)

:撒香

:祈祷・神父の追悼説教

:聖歌合唱

:弔辞・弔電拝読

:葬儀委員長・遺族代表挨拶

:撒水

10:一般参列者の献花と賛美歌(聖歌)

11:出棺

■キリスト教式葬儀(プロテスタント)の流れ

:前奏

:讃美歌斉唱

:聖書朗読

:祈祷

:讃美歌斉唱

:牧師よ り故人の略歴披露

:牧師による葬儀の辞(説教)

:祈祷

:讃美歌斉唱

10:弔辞・弔電拝読

11:後奏

12:遺族代表挨拶

13:献花


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 葬儀・葬式・通夜・告別式のマナー. All rights reserved

葬儀(葬式)のマナーTOP 葬儀(葬式)の種類 キリスト教式葬儀