喪主(もしゅ)


喪主について喪主(もしゅ)とは、遺族の代表者として祭祀(葬儀)を執り行う者のことで、「故人の配偶者・親・子供・兄弟」など、故人に縁の深い方が務めるのが通常です。

一般的には配偶者の方が亡くなった場合は、一方の配偶者、または子供がいれば長男、長女が喪主を務めることが多いようです。

昔は地方によって、「親は喪主にならない」、「夫婦の配偶者(妻)は喪主にならない」などの習慣もありましたが、現代ではそのような習慣もあまり見られなくなっています。

■喪主の仕事(役割)

・葬儀の運営
・遺族の代表として参列者の弔問を受ける
・遺族の代表として挨拶をする

■喪主と施主の違いは?

喪主・・・「遺族の代表者(配偶者・子供など)」

施主・・・「布施する主、葬儀費用を支払う者」

喪主と施主は以上のように厳密に言えば異なりますが、現代では喪主と施主が同一人になる場合が多いと思います。


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 葬儀・葬式・通夜・告別式のマナー. All rights reserved

葬儀(葬式)のマナーTOP 関連用語集 喪主(もしゅ)