法要(ほうよう)


法要(法事)について「仏法行事全般」のことを法事(ほうじ)といい、故人の冥福を祈り、供養(追善供養)する行事を法要(ほうよう)といい、厳密にいえば法事と法要は異なりますが、現在ではほぼ同じ意味で使われています。

■法要の種類

◎忌日法要

仏式では人が亡くなった命日から数えて7日ごとの日、

・初七日(7日目)

・二七日(14日目)

・三七日(21日目)

・四七日(28日目)

・五七日(35日目)

・六七日(42日目)

・七七日(49日目)

を忌日(きにち)といい、この忌日に僧侶に読経(お経を読んでもらう)してもらったり、親族、友人、知人が集まって焼香をあげるのが忌日法要で、特に「初七日・七七日」に法要を行うことが多いようです。

仏教では命日から「7日ごと」に小さく生まれ変わり、「49日」に故人の行き場所が決まり、生まれ変わると考えられていますので、7日ごとに法要を行い、故人が良きものに生まれ変わることを祈るのです。

また四十九日までの間を「中陰(忌中)」、その間の供養を「中陰供養」といい、四十九日を過ぎると「忌明け(きあけ)」となります。

身内が亡くなってから「七七日(49日目)」までは「忌中(きちゅう)」とされ、この忌中は結婚式や披露宴などのお祝い事には出席しないのが一般的です。

最近では初七日(7日目)は葬儀当日に、七七日(49日目)は49日直前の日曜日などに営むことが多いようです。

◎年忌法要

仏式では人が亡くなった命日から数えて何年ごとの年、「一周忌・三回忌・七回忌・十三回忌・十七回忌・二十三回忌・二十七回忌・三十三回忌・・・」を年忌といい、この年忌(ねんき)に行う法要が年忌法要です。

命日は故人の亡くなった日を命日とする「祥月命日」と、亡くなった翌日を命日とする考え方に分かれます。


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 葬儀・葬式・通夜・告別式のマナー. All rights reserved

葬儀(葬式)のマナーTOP 関連用語集 法要(ほうよう)