喪主・遺族の服装「通夜・葬儀・告別式」


遺族・喪主の「通夜・葬儀・告別式」の服装のマナーを説明しています。

遺族・喪主の方は、「通夜・葬儀・告別式」などの準備で忙しく、また悲しいと思いますが、服装も最低限のマナーをしなければなりません。

「通夜・葬儀(葬式)・告別式」での服装は、地域によって多少異なる場合がありますので、葬儀業者などに相談しても良いでしょう。

■弔問の服装

遺族・喪主の方は、通夜が始まるまでは「地味な平服(普段着)」でかまいませんし、それが普通です。

ただ最近では通夜前の弔問(ちょうもん)に喪服で伺われる方も増えてきているので、喪服を着ても良いかもしれません。

■通夜・葬儀・告別式の服装

弔問の時は普段着でかまいませんが、通夜の時には「喪服」を着ることが最低限のマナーです。

また昔は、遺族・喪主の方は和装の方が多かったようですが、最近ではほとんどの方が洋装となっています。

◎男性の服装

・ダークスーツ(シングルでもダブルでもOK)

・白シャツ

・黒のネクタイ

・黒の靴下

・黒の靴

また、葬儀・告別式の場合は「モーニングコート」でもかまいませんし、和装なら、「黒紋付に羽織、袴」で良いでしょう。

モーニングはあくまでも昼間の礼装ですので、通夜には着ません。

喪主が葬儀・告別式でダークスーツを着る場合は、遺族や親戚などがモーニングコートを着ることは控えましょう(あらかじめ通夜などで確認しておきましょう)。

◎女性の服装

・黒のワンピース、スーツ、アフタヌーンドレス

・肌の露出を避けるために夏でも長袖のものを

・靴、ストッキング、手袋は黒

・メイクは自然な薄化粧

・結婚指輪(婚約指輪)以外のアクセサリーは基本的に身に着けない(パール、オニキスの1連のものなら可)

・バックは殺生を連想させない布製の物を

女性が和装する場合は、「五つ紋付・黒い帯・帯揚げ・帯締め・草履」など、黒で統一しましょう

◎子供の服装

子供は基本的に学校の制服があれば制服でかまいませんが、ない場合は、「ダーク系のジャケット(ワンピース)に白シャツ、黒の靴」で良いでしょう(リボンなど付いていない物を)。

喪主・遺族は主催者側として「喪章」を着けることがマナーです。


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 葬儀・葬式・通夜・告別式のマナー. All rights reserved

葬儀(葬式)のマナーTOP 葬儀(葬式)の服装とマナー 喪主・遺族の服装「通夜・葬儀・告別式」