密葬


密葬密葬とは宗教などとは関係なく、後日、「社葬・団体葬・本葬(お別れ会)」を行う場合や、遺族の事情、故人の遺言などによって、一般会葬者をお呼びせず、遺族(親族)や特に親しい人などごく少数の者で行う葬儀(葬式)のことです。

密葬はごく少数の人しかお呼びしませんが、「僧侶(導師)・斎主(神官)・神父(牧師)」などを招くかどうかが決まっているわけではなく、基本的には一般の葬儀(葬式)と変わりません。

また、もしも「密葬」ということを知った場合でも、お呼びされなければ基本的には葬儀に参列する必要はありませんし、しないほうが良いでしょう。

密葬だけで終わらせることもありますが、「社葬・団体葬・本葬」などを後日に行うために、先に密葬を行うことが多いようです。

密葬を行った場合、友人、知人には後日に挨拶状を出して密葬を行ったことをお伝えしましょう。

■密葬が行われる場合

・身内や特に親しかった人だけで静かな葬儀がしたい

・故人の遺言で密葬にしてほしいとあった

・社葬、団体葬を行う場合

・年末年始などに亡くなられた場合

・すぐに火葬を行わなければならない場合(伝染病・変死)

・田舎(本籍地)で「本葬」を行う場合

■密葬のメリット

・葬儀費用を抑えられる

・準備などに時間がかからない

・会葬者に気を使わなくて済む

■密葬のデメリット

・友人、知人などが最後のお別れをすることができない

・親戚、ご近所、友人、知人に冷たいと思われる


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 葬儀・葬式・通夜・告別式のマナー. All rights reserved

葬儀(葬式)のマナーTOP 葬儀(葬式)の種類 密葬